バンブーストローシリーズ「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」受賞しました! | BALIISM オンラインショップ

2021/02/15 18:30

一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会が主催する、「ソーシャルプロダクツ・アワード 2021」で

BALIISMが製造しているバンブーストロー シリーズが ソーシャルプロダクツ賞を受賞しました!

今までテレビや雑誌といったメディアに取り上げて頂いてはいましたが、
アワード受賞は初めてなので受賞のお知らせを聞いたときは、とても嬉しかったです☺️


先週の金曜日に授賞式がオンラインで行われたため、視聴という形で参加しました!
昨年までは対面で行われていたようですが、コロナ感染防止として本年度はZOOMで実施する形になったようです。
この方法が今の開催としてはリスクも低くベストな方法かと思います!個人的にも賛成です。


【審査員のコメント】
生分解可能な竹素材のストローを通して、プラスチックごみによる環境問題に向き合った商品。生育が早くサステナブルな素材である竹を活用するとともに、自然環境のサイクルを壊さないように竹林の管理も行うなど、開発・製造工程全体を通して環境を考えたモノづくりが追求されている。また、繰り返し使ってもらうための耐久性を重視し、バリ島の竹ならでは特徴を効果的に活用している。ケースも含めてトータルでデザインされている、名入れができるなど細やかな配慮もなされており 、長く愛されるための商品設計がなされている点も含めて好印象である。手作りならではの自然な風合いは生かしつつ、更なる使い勝手の向上に期待したい。
詳細:http://www.apsp.or.jp/product/spa2021_020/


(以下、BALIISM 代表:長谷川の社内インタビュー抜粋:
長谷川:ここだけの裏話ですが、実を言うとバンブーストローはプラスチックごみ問題だけを意識して作った訳ではなく、
どちらかというと、日本にいながらバリ島のリゾート感を楽しんでもらいたい!というのが推した商品でした。

バリ島に滞在していた時に、とあるホテルのオーナーと仲良くなって雑談していた時に
バリ島のリゾートにプラスチックのストロー挿すと、どうも自然の雰囲気が合わないから最近バンブーストローに変えたんだよ。
という話を聞いて、遊びに行ってみたんです。
見せてもらうとストローは、本当に竹を単純にカットした荒々しいもので使い捨てタイプだったのですが、
バリ島の方はこれがヒントになって繰り返し使用できるBALIISMのバンブーストローが誕生しました。

2016年頃、バリ島ではプラスチックごみが日本よりも早く問題視されてたのもあって
繰り返し使用できるタイプに改良して、マイストローとして使ったもらいたいなぁ。
と考え中を洗えるブラシとセットにして小売することにしました。

これを使うと環境にやさしいです!という伝え方だと重くて使ってもらえないと思ったんです。
だから、日本にいながらバリ島のリゾート感を楽しめます!
という伝え方の方が受け入れられやすいかなぁと思い、そういう売り方にしました。
今は、日本でもプラスチックごみ問題が言われていることもあり、マイストロー時代に関心ある人が増えているのが嬉しいです。)


これからも環境に優しくて魅力的な商品をどんどん世の中に送り出していきたいと
思ってます。今後とも、どうぞ宜しくお願いします!