環境を考えた梱包 | BALIISM Japanオンラインショップ

ギフト直送に対応

ギフトラッピングを選択し、お届け先と請求先が異なる場合は、ギフト直送扱いとなり
金額の記載された納品書は同梱されません。

ゼロウェイストな梱包

商品が壊れないよう安全に梱包しつつ、ミニマムで環境に配慮したゼロウェイストな梱包でお届け。サステナブル製品を製造するメーカー直販店として、両立の取れた仕様でお届けするのが私たちの使命です。

環境と両立の取れた仕様でお届け

外箱のリユーズ

ダンボール製の外箱は一般的にリサイクルできますが、リサイクルするために実は多くのエネルギーが必要です。CO2の排出を減らすためには"RECYCLE(リサイクル)"よりも"REUSE(リユーズ)”する方が効果的です。

主に業務で使用する消耗品の輸送などに使われた痛みの少ない外箱は一部補修し再利用しています。再利用されたリユーズ外箱で出荷された場合[ REUSE CORRUGATED CARTON ] と書かれたラベルが貼り付けられた状態でお届けされます。

※ギフトラッピングを選択された場合、見栄えを重視するためリユーズ外箱は使用されません。

環境 × デザイン × 安全性

例えば輸送中に箱の中に入っている商品が動かないようにするには梱包固定用資材を使わなくとも【Q1,商品サイズとピッタリの箱を専用に開発しそれを使って発送する】【Q2,商品と内箱を跡残りの発生しないテープを使って固定して発送する】など様々な方法があります。よりパーフェクトな梱包形態に仕上げるため梱包形態は定期的に見直しが行われます。適切な方法を探り検証し活用していくことをお約束します。

BALIISMではオンライン直販店は当然のこと、商品を卸しているパートナー小売通販店にも梱包仕様に関するレギュレーションを共有し、どこで購入しても輸送の安全性と環境の両立の取れた仕様でお届けする事を目指します。もちろん届いたときに喜びを感じられる事も大切です。シンプルでも品を感じられる包装を目指します。

梱包まで環境配慮を徹底する理由


” サステナブルなライフスタイルを始めるため気に入ったエコ商品を通販で購入しワクワクした気持ちで届いた箱を開けたところ、プラスチック由来の梱包材で厳重に梱包されていた様子を見て矛盾を感じた”

BALIISMの従業員がとあるエコ商品を通販で購入した体験が梱包形態の見直しと追求を徹底する、きっかけになりました。

製造元と販売元の注力する点の違いがこのような矛盾を生み出していたのです。販売元は輸送中の商品破損リスクを徹底的に下げるためこのような梱包方法で出荷しましたが、確かにスマートな配送方法とは言えないかもしれません。今の物流業界の常識にとらわれず、サステナブル商品を製造し販売する会社として適切な梱包形態を日々研究していきます。